糖尿病の合併症

糖尿病の合併症とは

 糖尿病が進行すると、三大合併症といって取り返しのつかない大きな疾病に罹患してしまいます。

 

糖尿病の合併症としては、糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症の3つが知られているのですが、そのうち、糖尿病性神経障害は、最も患者数の多い病態であり、末梢神経が痺れたり震えが止まらなくなったりします。

 

血糖値の高い状態を放置して、治療も何も行わなけれ合併症を招きます!

 

 糖尿病の初期症状でも申し上げた通り、糖尿病の場合、これといって大きな痛みなど自覚症状がないため、診察や血液検査の結果から、はじめて糖尿病と診断されてしまいます。しかしながら、会社の健康診断などで、血糖値を測定した結果、要注意扱いとなってしまっても、その後放置してしまう人がどれだけ多いことでしょう。

 

特に体には何の兆候もないし、自分は大丈夫だろうと思ってそのまま放置してしまうと、高い確率で、糖尿病の合併症を招きます。

 

糖尿病の三大合併症とは

 

糖尿病性神経障害
合併症の中で最も早く出てくるのが糖尿病神経障害です。心臓から遠い末梢神経では、しびれやチクチク刺す様な痛みに似た症状が出始めます。最初のうちは、気づかないこともありますが、血糖が血管にダメージを与え続けると、最終的には、その周辺細胞が懐死してしまって壊疽を起こす可能性もあるのです。

 

糖尿病性網膜症
 目の底にある網膜の血管が傷ついて、視力が弱まってくるのが糖尿病性網膜症です。症状がひどくなると、水晶体が損傷して、白内障になったり失明する場合もあります。

 

糖尿病性腎症

 

 網膜と同様、腎臓にも微細な血管が集積しています。糖尿病性腎症になると、血液の濾過を担う糸球体の機能が低下して、腎臓の尿濾過機能が破綻してしまいます。この結果、通常尿から検出されないはずのタンパク質(アルブミン)が尿蛋白として排出されてしまうのです。

 

 人工透析者の大半が、糖尿病性腎症を患っています。人工透析を行うと、カリウムやリンなどの微量元素の摂取を極度に警戒しなければなりませんので、食事制限が大変厳しいものとなります。さらに、週に何度も通院する日々が続きますので、通常の社会生活を送ることが難しい場合もあります。

 

糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症の何れも、微細血管がグルコースによる糖化ダメージ(メイラード反応)が原因となって火起こされる病気です。ですので、糖質の過剰摂取を控えることが何よりも大切です。