糖尿病を予防する運動

糖尿病を予防する運動

糖尿病を予防するには、運動がとても大事です。

 

筋肉の栄養補給源はアミノ酸とグルコースです。グルコースとはブドウ糖のことで、食事から摂取する糖質が最終的に分解されるとグルコース(ブドウ糖)になります。

 

どうして運動をすると、血糖値が下がって糖尿病の予防に繋がるのでしょうか?

 

運動をするとインスリンが分泌されて、糖を筋肉組織へ届ける作用があるからです。

 

だから、運動を行うことが大切なのです。

 

何時間も過酷な運動や筋肉トレーニングを行う必要性はありません。身近で出来る簡単な運動で、飽きずに続けらる運動を取り入れることが重要です。

 

筋肉は、何も負荷を与えないと徐々に衰えてしまいます。筋肉組織が衰えてくると、ブドウ糖を消費する場所がなくなってきますので、高血糖が解消されません。つまり、筋肉量が多い人は、ブドウ糖を沢山消費しているので、血糖値が高くならないのです。

 

そうした理由からも、筋肉量を維持するために、日ごろからちょとした運動を取り入れておくのが理想的です。

 

マラソン、ジョキング、ウォーキング、水泳、テニスなど、身近で手軽に始められて、続けて楽しい運動を取り入れてみましょう。

 

運動を行う場合、出来る限り2日おきには行いたいものです。

 

最大でも2日程度しか運動の効果を体は維持できません。

 

ですから、隔日で運動することが推薦されています。

 

血糖値を下げるには、継続的に運動を行うことが大切です。たまに気が向いた時にだけ運動するのではなく、
できるならば、2日一回くらいの頻度でできる様にしたいところです。